キュートクール

​作品の内容によっては、他の作曲家とチームを組み制作を行ったりもする。

・テレビ番組の音楽制作
・ドラマ・アニメなどの劇伴制作
・ゲームのサウンド開発
                    (BGM・SE・実装)
・Iot関連のサウンド開発
​・他、音楽関係の企画・制作

53480647_2324794257542644_16820438532232

スキャット後藤

スキャット後藤

音楽プロデューサー/作曲/編曲/うた/サウンドデザイン
京都市出身。大晦日生まれ。
南房総/東京/京都

 

「楽器が出来ない・楽譜が読めない・音楽理論が分からない」ことを逆手にとり自由な発想でポップでクセのある音楽を作っている。よくある汎用的な音楽ではなく、その作品ならでは音作りを心がけている。効果音(サウンドデザイン)も手がける。良い作品を目指すには良い音楽が必要と考えている。

1994年、ゲーム会社トーセにて音楽制作をスタート。
1997年、東京に拠点を移す。2年半の間にインナーブレイン→HUMAN→TYOと
サラリーマンサウンドクリエイターを経験する。

2000年5月に独立。(28歳)
以降、ゲームだけではなくテレビ番組(バラエティー・ドラマ)やCM、

映画など幅広く音楽制作活動を行う。
2003年ごろ、スキャット後藤に改名。作家性を前面に出し始める。
2011年、家族で千葉県最南端の館山に移住。東京杉並の仕事場との二拠点で活動。


子供向けのかわいいコンテンツ、遊びを盛り込んだ教材、ショートアニメーションの音楽と効果音、少し変わったおもしろ企画、特殊なプロダクトのサウンド開発、
バラエティー番組やコメディー作品に関わることが多い。
ドラマ「来世ではちゃんとします」、バラエティー番組「青春高校3年C組」などの音楽を手がける。

現在、自由に音を詰め込んだソロアルバム「スキャットさんの妄想音楽図鑑」シリーズも制作、SNSを使っていろんな企画を立ち上げ、プロアマ問わず住む場所問わずのクリエイターたちと遊ぶのが好き。